« メールスタンプ | トップページ | ミュージックフェスティバル »

2012年10月10日 (水)

ウォルトディズニー展

北茨城で開催されていたディズニー展。
春に銀座で開催されていた時にも行ったのですが
北茨城は東京に行くよりも遠いので諦めていました。
が、思いがけず主人が連れて行ってくれたので、最終日に行くことができました。
復興支援の名目もついています。
Cimg5422
北茨城といえば米米クラブの石井さんの出身地。
五浦も、県の中では有名だけど
普段はそんなにまとまって観光客が来ることはないと思うので
土のままの空き地が臨時駐車場になっていたり、
地元の中高年の方が、誘導や送迎バスの運転をしていて
普段と人の数が違うんだろうなーという雰囲気でした。
最終的に10万人を突破したようです。
地元の方は無料だったようだし、ウォルトのことをあまり知らない人も多かったみたい。
会場で「ディズニーさんは絵は描いてなかったんだー」なんて声も聞こえてきました。
(私も県民の某カードを使って団体料金で見られました。)

銀座では狭かった展示が、ここではゆったりでした。
入り口の看板からして、今回
Cimg5443
銀座
Cimg4248
ロビーにはプロップスが何点かや、ぬいぐるみが置かれていて
フォトスポットになっていました。
ウォルトディズニージャパンのディレクターさんの講演会が大学生向けに開催されていて
ロビーのモニターで中継を見ることも出来ました。
(整理券がもらえた人は一般でも入れました。)
キッズ向けには、シールがもらえる企画もやっていました。
図書コーナーでは、資料本や絵本が並んでいました。
Cimg5432 Cimg5433
庭にはこんなのも。
Cimg5435
展示内容は銀座と同じでしたが、ミニチュア家具は数点ずつ別のガラスケースに入っていました。
今回は映像も全部、繰り返しゆったり見られてよかったです。
最終日だったからなのか、銀座が百貨店だったからなのかわかりませんが
グッズは種類が少なかったです。
春に娘が買ったポーチやタオル類も見かけなかったなー

常設の岡倉天心記念室も見てきました。
その後、車で数分の天心遺跡へ。
ウォルト展の入場券を見せると50円割引だそうで、250円で入場。
Cimg5452 Cimg5460
再建された六角堂。
せまーーい石の道を下った所にぽっつりある六角形の建物で、広さは4畳半くらいです。
建物の周りは、ケープコッドの灯台の周りより狭く、その下が崖なので
海風がビョービョー吹き付けてちょっと怖かったです。

震災の時は、これがまるごと流されてしまったそうです。
坂の上に岡倉邸跡があるのですが、これの床下ギリギリまで海水がきたと印がついていました。
Cimg5461
町の中にはまだ瓦が落ちたままの家もあったし、港も全部は直っていないと聞きました。
福島に近いせいもあるのか「地元港直売」の看板の魚屋さんには
茨城の魚は全然おいてありませんでした。
高速道路も修理はしてあったけど、なんか波うってるように見えました。
これでもきっと以北よりはましなんだろうと思うけど
ウォルト展がここで開催され、少しでも地元の人のためになったような気がしてよかったです。

美術館の庭から見えた景色。
矢印は小名浜のタワー。被災した福島の水族館がある近くです。
Cimg5439

« メールスタンプ | トップページ | ミュージックフェスティバル »

ディズニー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1407638/47389317

この記事へのトラックバック一覧です: ウォルトディズニー展:

« メールスタンプ | トップページ | ミュージックフェスティバル »