« サンタヴィレッジパレード | トップページ | オレンジ風味 »

2014年12月26日 (金)

ベイマックス

初日に、行こう!と思い立って見てきました。
ものすごく泣いちゃうかも、と思ったけれど
じんわりしただけで、トイストーリー3よりは涙腺にきませんでした。

以下、ネタバレ含みつつ
思ったままにだらだら書きます。

******

***

というより、痛快、爽やか!最後(エンドロール後)は笑い。
とても楽しい映画でした。
シリーズになったら面白そう。

サンフランソーキョーは
やはりアメリカ人から見た日本というか、
少し、アジア全部混ざっちゃったかなという印象。
そこにそのモチーフ使うの?というのが面白かったです。
(あんな大きな土鍋、片手で持てる?とか・・)

気になったのが、フグの風力タービン。
あれは送風機?発電機なのかな?
その上で佇むヒロとベイマックスは
トトロの大木のシーンを思い起こさせて
オカリナの音が聞こえてきそうでした。

ピクサー作品は、老人がそんな力出せるわけないやろ、みたいな
割と突っ込みどころもあるのですが
感情の表現が細かいので、物語りに入り込めました。
仲間のキャラも、体格と性格が面白いと思いました。
個人的には、機械、化学女子かっこいい!

悪役は今回、私は予想通りで
ハンスの時よりは驚きませんでした。
ハンスといえば、隠れハンスが2つ見つけられたのも嬉しかったです。

最近のディズニー映画のように
悪役も完全な悪役なのではなく
あちら側の視点からすると、それなりの理由があり
それをただボコボコにやっつけるのではなく
優しさで解決するベイマックス。
それこそ、なにか戦争放棄の日本そのものなんいじゃないか?と思いました。

今回は、2D吹き替え版を見たのですが、
タダシ役の小泉さんはピッタリ合ってたと思いました。
菅野さんは菅野美穂だな~って感じ。

機会があったら字幕版を見たいです。

同時上映の短編は「愛犬とごちそう」
おいしそうに食べるシーンといえば
宮崎作品なので、それのオマージュもあるのかな。
ミートボールスパゲティはわんわん物語への愛でもありました。
犬に塩分や高カロリーのものを与える描写がよくないとの意見を見ましたが
それはむしろ、みんながそう思うように作られているんじゃないかな?

体の事を考えないでジャンクフードばかりを食べていたのは
飼い主も同じなわけで、
それまで全然主人の描写がなく、犬の低い視点で描かれていて

女性が現れ、彼と犬のことを考えた食事になっていき
でも、彼のだらしなさはなかなか直らなくて
ふられる所で急に人間が浮き上がってくる。

寄りを戻したあとは改心したのか
彼はまともな食で、まともな生活になっていき
犬の食事もドックフードになり
犬も受け入れていく。

ある日、ふと、あの大好きな
ご褒美をくれたのは、何も考えていないベイビー。

たまにはこんなご飯もいいよね。
何が本当のごちそうなのか、
家族で食べる幸せごはんがごちそうなんだよね、
というのが、私が受け取ったメッセージでした。

« サンタヴィレッジパレード | トップページ | オレンジ風味 »

ディズニー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1407638/58355763

この記事へのトラックバック一覧です: ベイマックス:

« サンタヴィレッジパレード | トップページ | オレンジ風味 »